化粧水で大人ニキビのケアをしよう|ツルツルな肌になる

  1. ホーム
  2. 胃の機能低下が原因かも

胃の機能低下が原因かも

ウーマン

肌と体の調子を整える

口周りは他の部位よりニキビのできやすい部位ですが、食べ過ぎや飲み過ぎによってもニキビが起こる場合があります。それは、食べ過ぎや飲み過ぎにより胃の機能が低下し、消化しきれなかった老廃物が口周りに排出されるからとも言われています。もともと口周りは皮膚が薄く、食べこぼしなどを拭う時の摩擦などで乾燥しやすい部位です。乾燥して肌の機能が正常でないところに、食べ過ぎや飲み過ぎで胃が機能低下を起こすとニキビができやすくなります。口周りは胃の疲れが出やすい部位ですから、ニキビができにくくするには胃に負担をかけないことが大切です。食事は腹八分目にし、食べ過ぎ飲み過ぎを控え胃や体に負担をかけないようにしましょう。胃の機能を向上させるために胃薬を飲む方もいますが、薬により機能向上は一時しのぎにしかなりませんから根本的に問題を解決することが必要です。また、胃と体の健康を保ちながら化粧水で保湿することも大切です。皮膚の薄い口周りは乾燥しやすい部位である上、手で触ったり拭うことが多い部位であるため知らず知らずのうちに乾燥していることがあります。化粧水で保湿をすることで乾燥しがちな口周りのうるおいが保たれ、肌のバリア機能が向上することでニキビができにくくなります。口周りの保湿に最適な化粧水は、セラミドやスフィンゴ脂質などを配合している化粧水です。どちらも肌のうるおいを守ってくれる作用のある成分ですから、乾燥しがちな口周りのケアに最適です。化粧水を選ぶ時は、ヒト型セラミドなどできるだけナチュラルな素材でできているものを選びましょう。