化粧水で大人ニキビのケアをしよう|ツルツルな肌になる

大人も悩むニキビ

基礎化粧品

初期のケアが肝心です

ニキビは思春期だけの悩みではないんです。実は、20代30代になっても、大人ニキビ(吹き出物)という肌トラブルに悩んでいる方は多くいるんです。大人の吹き出物には、大まかにわけて段階があります。一般的には、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビという順番に症状が悪化していきます。段階が進むにつれて、吹き出物自体が目立ってくるのはもちろんのこと、治るまでに時間がかかったり、跡が残りやすかったりします。できるだけ、初期の白ニキビのうちに適切なケアをして悪化させないことが大切です。白ニキビができてしまう理由は、毛穴に皮脂がつまってしまうことが原因です。白ニキビができてしまった時には、炎症が起こる前に毛穴から皮脂を排出することがポイントとなります。ゆっくりと湯船につかったり、ホットタオルを顔に乗せて毛穴を開きます。そのあと、クレンジングや洗顔をして肌を清潔にし、ニキビ用の化粧水や乳液でケアをします。肌トラブルがあるときは、そのトラブルにあった化粧水や乳液を使うことで、症状の改善が期待できます。とくに、吹き出物の場合は、繰り返すという人も多いので、普段から専用の化粧水や乳液を使うと良いでしょう。使い続けることで、より肌トラブルが起きにくい状態になります。洗顔・化粧水・乳液・クリームなど、フルラインで使うとより効果的です。肌に合うか試してから使いたいという場合は、トラベル用やトライアルセットなど、まずはミニサイズを購入すると安心です。

毎日簡単に対策できる

化粧水をつける人

ニキビが出来やすい人にとっては化粧水選びで迷うことが多いです。ニキビができない環境を作り対策を行えます。化粧水を選ぶときには肌を保湿させることと、皮脂の分泌を調整する成分が入っているものを選びます。この化粧水を利用すると毎日のスキンケアで対策することができます。

胃の機能低下が原因かも

ウーマン

口周りは皮膚が薄く乾燥しやすいためニキビができやすい部位ですが、食べ過ぎや飲み過ぎによって胃の機能が低下するとさらにできやすくなります。ニキビをできにくくするには、胃の健康を維持するとともにセラミドなど保湿に良い成分を含んだ化粧水で口周りのケアをしましょう。

大切なのは日頃のケア

鏡を見る人

大人ニキビを作らせないためには、正しい洗顔による日頃のケアが大切です。洗顔料を使い清潔な手で濃密な泡を作り、泡をクッションがわりに丁寧に洗い、すすぎは手で触れず顔全体に水をかけるようにしましょう。洗顔後は、セラミドなど保湿力の高い成分が配合された化粧水を使い乾燥対策をしましょう。